院長の施術ブログ

 

第11回オープントーナメント全世界空手道選手権大会帯同

11月20日~22日東京体育館で行われた『第11回オープントーナメント全世界空手道選手権大会』。 いつも神戸の石田カイロプラクティックオフィスで体の調整をされている神戸市の中村昌永選手四段が日本代表のひとりとして試合に出場されるということで、石田カイロプラクティックオフィス副院長の石田達摩先生と2人で、サポートスタッフとして試合前後の中村選手の体を見させていただくべく、行ってきました。 さすがは4年に一度の世界大会。世界中から強豪の選手たちが集まっており、体格も大きい選手が多かったです。 試合前の選手たちの緊張感漂う控室で、石田副院長とともに、中村選手の体の調整をさせていただきました。 中村選手は、2回戦まで無事に勝ち進みました。 そして、3回戦でロシアのデビッドシャルコシャン選手とあたったのですが、シャルコシャン選手の身長は193cm、体重は98kgに対して、中村選手は、身長168cmの体重83kg。実に、身長差25cm体重差15kgの手ごわい相手となり、惜しくも上段膝蹴りをもらい、技あり2回とられて、“合わせ1本”で負けてしまいました。 中村選手が勝ち進んで、シャルコシャン選手と当たると決まった時点で、『これはかなりの強敵なのでなんとか中村選手に彼に対する苦手意識を緩和しておかなくてはいけない』と、体の調整を行うと同時に、苦手意識をとるIRT(インジュリ・リコール・テクニック)の施術をし、万全体制で望んでもらったのですが、3回戦で敗退という、とても残念な結果に終わりました。 でも、中村選手は、怪我もなく無傷の状態で、試合後の体調も悪くないということで、次の目標、来年のウエイト制の世界大会を目指して頑張ってもらいたいです。 今回のようなスポーツの大きな大会の現場では、普段の治療所とはまた違った、選手たちの試合前の緊張感を感じながらの治療となり、体の調整はもちろんですが、それぞれの選手たちの過去の障害、苦手意識を緩和させるためのIRT(インジュリ・リコール・テクニック)を駆使しての治療となります。 また、試合を勝ち上がれば様々なプレッシャーなども出てきますので、そんな現場に立ち会って、とても勉強になりました。 これらの体験・勉強したことを普段の治療所での治療にも、生かしていければと思っています。                                                                                                                                                                                        

          中村 昌永選手と       東京体育館控室にて施術     東京体育館正面広場にて